×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

結婚式の服装とは

結婚式に招待された場合の結婚式の服装はどのような物がいいのか迷ってしまう人もいると思います。一般的に結婚式の服装はフォーマルと決まっていますがフォーマルと一言で言っても難しいですね。また結婚式のスタイルによっては結婚式の服装は平服で来るようにと記載している招待状などの場合もありますが、この場合の平服といっても普段着ではありません。結婚式の服装の平服と言うのは、フォーマルよりも崩してもいいのですがやはりきちんとした格好に変わりはないようで、ジーンズなどをはいて本当に普段着で行っていいと言うものではありません。結婚式の服装を選ぶ場合には、男性はスーツや礼服、女性は着物やワンピースが一般的です。結婚式の服装で親族の場合は、女性は留袖を着ることが一般的で、母親などは留袖を着ることが多いですね。結婚式の服装はある程度マナーを守って両家に恥じないような服装をしていくのが招待された人のマナーですから気をつけましょう。

結婚式の服装のマナー

結婚式の服装にマナーがあるのをご存知でしょうか。例えば、女性の場合には結婚式の服装のマナーとして白い色の服装は選ばないようにするのが一般的な結婚式の服装のマナーです。白は花嫁のカラーと決められていますから、結婚式の服装で招待された人が白い色のドレスやワンピース、スーツを着ていくのはマナー違反です。結婚式の服装のマナーは他にも、結婚式を挙げるスタイルによっては肌の露出を禁止している宗教もあります。ですから、結婚式の続きで披露宴、二次会に出るので、ノースリーブのワンピースや少し露出のおおい結婚式の服装を着て出かけている人の場合には、上から一枚羽織るものを用意して、結婚式には露出を控えるようにしなければいけません。また、結婚式の服装のマナーとしてある程度の品のある服装をするということは両家に対してのマナーです。あまりにも下品な結婚式の服装をしているとどちらかの家が恥をかくことになりますから、結婚式の服装のマナーはきちんとわきまえましょう。

女性の結婚式の服装

女性の結婚式の服装で多いのはやはり黒いワンピースでしょうか。一番女性の結婚式の服装で多いのは黒のワンピースだと思います。しかし、大半が結婚式の服装に黒いワンピースを着ればどうなるでしょうか。会場は黒ばかりでとても寂しい感じのお式になってしまいます。ですから、本来であれば結婚式の服装はできるだけ色の着いているワンピースやスーツを着るのが会場を華やかにして、新郎新婦をお祝いする意味の結婚式の服装としてふさわしいといわれています。ですが、やはり着まわしの事やフォーマルのことを考えて女性の結婚式の服装では黒のワンピースが多いみたいですね。女性の結婚式の服装では着物も華やかで素敵です。最近では着付けに行かないと行けなかったり、苦しいからと言う理由から若い世代の人の着物を結婚式の服装に選ぶと言うのは少なくなってきたようですが、やはりそれでも結婚式の服装で着物を着ていくということは会場も華やかになりますし、両家の親族は新郎新婦本人達も喜ぶと思います。

Copyright © 2008 結婚式の服装は解決できる問題なのです